ジュニア・シーマンシップ教育 ヤングマリナーズキャンプ

【開催概要】

カナダ、バンクーバー開催

◇ヨットクルージング技術を通じて、自主性・協調性を育むことが目的。

◇ISPA Young Mariner Endorsement 取得。(ジュニアコンピテントクルーの取得)

◇大自然の中で、地球と人間のかかわりをテーマとしたインタープリテーションを行います。クルージングは、自然を身近に感じる良い機会となります。







【ヤングマリナーキャンプ、開催場所】


◇世界有数の美しい海と自然、カナダ西海岸、ガルフ諸島での開催。

◇島々が点在し、バブリックマリーナ、バブリックアンカレッジが整っています。

◇カナダ・コーストガードの巡回海域でもあり、海上安全が確保されています。

◇海洋公園がたくさんあり、キャンプ地、トレッキングには最適です。





  【クルージング中の起床から就寝までの流れ】

朝 (モーニング)

● 起床は7時、洗面の後リーダーと一緒に手分けして朝食を準備、朝食の後は後片付け。

● カナダコーストガードによるVHF無線海上気象予報をみんなで聞きます( スキッパーが解説)

● チャートを開き、今日の目的地までのコース、航行距離、ETL(出発予定時間)、ETA(到着予定時間)、これらを各自がナビゲーターログに記載します。

● 出港準備、セールチェック、エンジンチェック、安全備品チェックなどを行います。

● 出発時間になったら各自の持ち場について出発。





昼 
(デイ・タイム

●目的地へ向かいセーリング(風がなければエンジンで走ります

● スキッパーから毎日少しずつ操船を習います。 

● 目的地へ向けて役割を交代しながら子供たちだけで船を進めます。 

● 途中、ハンドベアリングコンパスとチャートを使って船の位置を 割り出します、慣れてきたら自分達だけで行います。 

● 昼食は船を走らせながら、チームを作って毎日交代で料理します。



夜 (イブニング

● 目的地に到着したら、みんなでアンカリング (もしくはドックに船を着ける)。

● アンカリングが終わったら停泊の準備、日中使用したギアを片付けます。

● ギアの整頓が終わったら全員で上陸、島を探検したり、魚釣りをしたり、自由時間です。


● 夕食当番のチームは、スタッフと一緒に、夕食の準備。冷蔵庫に入っている材料、釣った魚などを料理します。

● プレゼンテーションナイトには、デッキにスクリーンを張って、「宇宙・地球・人間」の歴史を学びます。

● なかなか暗くならないカナダの夏の夕暮れ、 暗くなったら星座を眺めたり、夜光虫を観察したりします。

● 就寝前に明日の天気予報をVHFで聞きます(リーダーが解説)










【プログラムスタッフ】

<プログラムリーダー  Bob Sendoh>

1994年のISPA創立メンバー、以後 一貫してISPA International Director/ Instructor Evaluator として活動を続けている。

2001年には日本において総理府認定NPOとしてISPA Japanを設立(現理事長)、日本人インストラクターの養成とシーマンシップ普及に従事。

セーリングの他、登山、スカイダイビング、スキューバダイブ、スノーボード、アイススケートとアウトドア活動のほとんどのジャンルをこなすとともに、著名な、幼児 ・児童教育手法であるモンテッソーリ教育に従事した経験を持つ。

元CYA(カナダヨット協会)インストラクター /ISPA Instructor Evaluator (インストラクタートレーナー) / ISPA-Japan 理事長 / ウインドバレーセーリングスクール校長


< 特別参加 : クルージングバディー犬 ルカ >

2004年9月生まれ、遊び好きなアメリカンコッカスパニエル (別名ウオータースパニエルといわれるほど水が好きな犬)。



<スキッパー  Hide Asanuma>


バンクーバー・ Simon Fraser University 博士課程卒(物理化学)、現ドイツ・マックスプランク研究所研究員。

2002年、ISPAインストラクター資格取得。2004年ヤングマリナーキャンプにスタッフ参加。

プレゼンテーションナイト、「宇宙・地球エコシステム」 プレゼンテーション担当。






<生活リーダー  Yoichiro Stobbe >  


障害児教育・カウンセラー。バンクーバーで教師を務める。

ウインドバレーで一昨年からセーリングを始め、昨年のヤングマリナーキャンプに参加キャンプ中の子供たちの生活リーダーを務めます。

英語・日本語・ポルトガル語を話します。





【安全について】


北米においてISPAを含む各種トレーニング団体公認スクール、インストラクターが開催したトレーニングクルーズ中の事故報告例は少なくとも過去10年間において皆無です。

レースヨッティングと異なり、安全なヨッティングが第一の目的であり、トレーニング内容の大きな部分が安全に関する知識と技術で占められていますのでそれも当然といえましょう。

(本プログラムにおける具体的な安全策として)

穏やかな水域であるバンクーバーアイランドの西側、ガルフ諸島内側を開催海域としています。 周囲を無数の島々に囲まれた水域ですから大きな波が発生することはありません。特に夏は安定した穏やかな天候が続きます。

◇緊急時の支援体制意

天候を含めた自然条件に恵まれているだけではなく、病気など万一の場合には短時間で直行できる都市施設が存在すること(バンクーバー、ナナイモ、ビクトリア)、優秀なコーストガードの支援体制が敷かれていることもこの海域の特色です。

◇出港見合わせ

当然のことながら、天候状態が思わしくない場合には出港を見合わせ、安全な港内、もしくはアンカレジに停泊を続けます。



【開催案内】

■ 日程  

開始と終了: バンクーバー空港出迎え時点でコース開始、最終日バンクーバー空港見送り時点で終了となります。

日本からの往復費用はコースには含まれません、保護者同伴の無い場合には航空会社の子供一人旅プログラムなどをご利用ください。

■ 定員  1艇6名を上限とします。(最低開催人員は1艇につき4名)

■ 参加資格  8歳以上、18歳未満の男女。

軽度の身体・メンタルハンディキャップのある児童の参加も受け付けます、くわしくはお問い合わせください。