19 能登・ISPA YMプログラム・詳細日程

 ❐ ISPA YM プログラムの内容(目標)

1.Performance Objective (実践目標)
  ISPA Competent Crew 、既にCompetent Crew を持っている人はDay Skipper 
  これらのサテフィケートの取得を目指します。
  * 教材に基づく予習は必須です。
2.Motivational Objective (動機づけ目標)
  課題図書「宇宙船地球号操縦マニュアル(Buckminster Fuller)を共通素材とし
  人と地球について考え、ディスカッションを行います。
❐ Collaboration Objectives:開催協力団体とともに設定するプログラムコンテンツ
  今回は US Scouting Service の Small-Boat Sailing の実践目標をコース内に取り入れます
❐ Fun Objective 
  ・ Music Night:みんなで楽しく音楽を・・・楽器(ギター・ウクレレなど)持ち込み歓迎
  ・ Cooking
    楽しくみんなで協力しながら夕食準備・これはシーマンシップトレーニングの一貫
  ・ Night Sky Watcher
    都会では見られない素晴らしい夜空を観測   

❐ 毎日の日課

・ 初日:集合の後、ブリーフィング、1週間の間のスケジュールと生活ルールの解説、自己紹介
  これらを行います。
・ 2日目から最終日までの日課概要
  0630 起床・ラジオ体操
  0700 朝食、後片付けは各自が行います
  0800 ~1200・午前中のセールトレーニング
  1200 ~1300・ランチ:原則としてベースマリーナ、日によっては湾内の別のハーバーにて
  1300~1600・午後のセールトレーニング / and・or / Collaboration Program
  1600~1700・船のスナッギングダウン(片付け)
  1700~1800・自由時間
  1800~2000・夕食準備と夕食
  2000~2200・Fun Objective (音楽・星空観察)、自由時間
  2200 就寝

携行品

ソフトスポーツバッグ

スーツケースは、ヨットに持ち込めません。

保険・健康、常備薬など

保険証持参(日本の保険に入っていない方は旅行保険加入)、少々の身体・精神的ハンディキャップは参加に問題となりませんのでお申し出ください、常備薬のある人は事前に申し出てください、

服装・衣類、小物等

下着は3日分程度(途中・洗濯します)動きやすい服装、ショートパンツ、ヨット乗船時は靴(運動靴)、夏用カッパ上下、サンダル、水着、バスタオルと洗面タオル、セーリンググローブもしくは類似の手袋(ホームセンター・手のひらが革製ならばOK)、サングラスと帽子(ハットスタイル・キャップならば後頭部もカバーできるもの)、サンスクリーン

スマートフォンなどについて

朝、夕方、それぞれ1時間の間は使用を許可します。それ以外は原則として使用禁止、アウトドアで楽しい1週間を過ごしましょう。

食事、その他

朝とランチはスタッフが準備しますが、状況に応じてお手伝いをしていただきます。夕食は参加者がスタッフ(父兄ボランティアを含む)に手伝ってもらいながら用意、メニューと食材は提供します。





Contact

 
他に詳細について質問がある場合にはメールにてお寄せください : info@windvalleysailing.com