各種 ISPA 技術証明サティフィケート 



【習得技術内容】 クルーとしての知識と技術。

● 服装、ヘビーウエザーギアと標準装備、最低限の安全装備類
● セールボート各部名称、コックピット&キャンパス、リギン、クリート、ブロック等使い方
● ウィンチの安全な使い方
● 基本的なメインセール&メインシートシステム、トッピングリフト
● ベンドオン(出航準備)
● メインセールを上げる手順、リーフィングと解除、収納、
ハリヤードシステム
● フォア(ジブ)セール手順と仕組み
● ポイントオブセーリング(風と船との関係)、セールトリムの基本 
● セーリング・バイ・ザ・リー、アクシデンタルジャイビングについて
● 安全なエリアと危険なエリア、ジャックラインとハーネス、リスクマネージメント、
● ライフジャケット、PDF、冷たい水での落水サバイバル、ハイポセラミア(低体温症)
● MOB(落水者救出法)クルーの役割、対処法
● MOB・ウィリアムソンターン、MOBアンダーソンターン、MOBの引き上げ方
● 遭難信号、フレアーの使い方、イーパブ、ナビーゲーションライト
● プロパン、バッテリー、エンジンシステム、マリンヘッド、ギャレーの使い方
● 国際VHF交信、国際航行ルール
● アンカリングにおけるクルーの役割
● ドッキングにおけるクルーの役割  など



【サーティフィケートが証明するもの】 

クルーの一員として活動するために十分な知識、技術が備わっていること。
緊急時には、スキッパーの代替可能あることを証明する。





【習得技術内容】 日中の好天のみスキッパーとして船を出すことができる技術。(限定スキッパー)

● デイスキッパーとしての一日の航行プランの立て方、パイロッティング、ブリーフィングの仕方
● セーリング全般、ポイントオブセーリング(風との関係)
● セールトリム(セールのコントロール)、リーフィング
● ドッキング全般、
● ワンラインドッキング(船を一本のもやいで安定させて、ドッキング、ドックアウトさせる方法)
● 潮、風、天候、さまざまな状況下でのドッキング技術、
プロップウオークの理解
● アンカリング全般、アンカリング手順、海図、地形の見方、良好なアンカリング場所の選び方
● 海底の質、地形、潮汐、潮流、風、様々な状況下での、様々なアンカリング法
● 国際航行ルール、ブイ、デイビーコン、カーデナルシステム、フォグシグナル、ラテラルシステム
● 国際海上衝突予防法、コリジョンベアリング、視界不良時、狭い水路、追い越し
● 潮汐計算の基本 
● 気象の基本、気象情報の取り方
● MOB全般 クイックストップ・クイックリターン法、緊急対処法  など


【サーティフィケートが証明するもの】 

沿岸10マイル以内、日中の良好な天候のみ限定。 
クルーと船の安全に責任を持つことできるスキッパーとして、十分な知識と技術を有することを証明する。





【習得技術内容】 海図の読み方、国際航行ルールの習得。

● 海図の読み方全般 ハンドベアリング及びプロトラクターの使い方
● 航行プランニング ブリーフィング方法
● 国際航行ルー全般、衝突回避法、ナイト航行におけるルール
● 暗礁危険域の回避方法、各浮標、灯台が記す意味の読み取り
● 潮汐表の計算
● 海流表の読み取り 
● 沿岸部の地形、気象の関係   など


※ ISPA-Japan及び当スクールでは、効率が良いこちらのプロトラクター、ハンドベアリングコンパスを使用してチャートワークを行います。旧式である三角定規、パラレルルーラー等は使いません。



【サーティフィケートが証明するもの】

安全な港湾から25マイル以内限定。 
チャート、ハンドベアリングコンパス・GPS、及びナビゲーション関連情報類を使用して、安全な航行のためのナビゲーション知識・技術を有し、海図を見ながら沿岸部の航行ができることを証明する。 
※セール・パワー共通




【習得技術内容】 昼夜を問わないスキッパー技術

● 中級セーリング技術 (クローズホールド、ジャイビング等の確実な習得)
● 中級ドッキング技術 (ループを使ったワンラインドッキング、ドッグアウト など)
● 安眠できる様々なアンカリング技術 (バハミアン、ダブル、スターンラインなど)
● ナビゲーション全般 ナイト航行の仕方、ナイト航行ルール
● MOB(落水者救出法)全般 
● エンジン、電気、ガス、各種緊急処置    など


【サーティフィケートが証明するもの】

安全な港湾から50マイル以内。 
昼夜を問わず、ナビゲーションができるスキッパー、兼ナビゲーターとして、船とクルーの安全に責任を持ち、良好な天候の下に航行するための知識と技術を有することを証明する。

※コスタルスキッパーサーティフィケートは、世界中のチャーター会社で技術証明の役割を果たします。




【習得技術内容】 独立可能なISPA公認インストラクターの技術の習得と資格

インストラクターとしての理論講習、実践トレーニング。

以下試験があります。


① 理論講習試験  
② 実践講習試験  

③ 国際海上衝突予防法筆記試験  
④ シングルハンド操船試験



【サーティフィケートが証明するもの】

教える立場、ISPAに基づく指導者となるための知識と技術を有することを証明する。
ISPA傘下において、国際サティフィケートを発行できる独立スクールの運営が可能になります。




【習得技術内容】 昼夜、荒天問を問わない上級オフショアスキッパー技術

● さまざまな状況下でのセーリング、ドッキング、アンカリング
● ナイトセーリング、ナイトナビゲーション、レーダー、デジタルナビゲーション
● 視界不良時トレーニング
● ヘビーウエザートレーニング
● エンジン、電気系統、メンテナンス、応急処置法
● 荒天時を想定したMOB

● エンジン停止時を想定したセーリングだけで行うドッキング、アンカリング、対処法  など


【サーティフィケートが証明するもの】

沿岸150マイル以内。 
昼夜、荒天問わず、あらゆる天候状況のなかで船とクルーの安全に責任を持つスキッパー・ナビゲーターとして沿岸航行ができる知識と技術を有することを証明する。



【習得技術内容】 海域の制限なく、昼夜、荒天を問わない外洋上級スキッパー技術

● 全てにおける状況下での航行に対する更なる高度な技術の取得を目指します。


【サーティフィケートが証明するもの】


海域の制限なし。 
昼夜、荒天問わず、あらゆる天候状況のなかで、船とクルーの安全に責任を持つスキッパー・ナビゲーターとして外洋航行ができる知識と技術を有することを証明する。

※セール・パワー共通




【習得技術内容】 天文航法のできる外洋スキッパー技術

● 外洋における天文航法、ナビゲーションの知識と技術の習得


【サーティフィケートが証明するもの】

外洋航行に際し、船とクルーの安全に責任を持つナビゲーターとして、天文航法をはじめとしたナビゲーションを行う知識と技術を有することを証明する。
※セール・パワー共通