ウィンバレーセーリングスクール提供 ・ネット学習

 国際VHFマリンラジオ VHF Radio Operator


 
国際マリンVHF・DSC(デジタルVHF)

海上での標準コミュニケーション手段であるVHF無線(日本でいうところの国際VHF、いわゆるプレジャ
ーボート用のマリンVHFとは異なります)
欧米はもとより、日本以外のほとんどの国では、プレジャーボート・漁船・本船・など船の種類の違いに
係わらず、あらゆる船が搭載している、安全上とても 大事な標準通信手段です。 

更に、近年は、新たなスタンダードとなりつつあるVHF/DSC 無線・小型船舶用簡易バージョンが、急速
に普及しつつあり、欧米では、この新たなDSC機能を搭載していない無線機は販売されていません。
(ポータブルを除く) 




VHF無線の利用目的

VHF無線システム最大の目的は、「安全確保」。

一般の電話システムと異なり、同一の周波数を、たくさんの船が共用しますから、利用上のルールを
しっかりと守らなければなりません(詳細はこのコースで説明)

他の船の迷惑にならないこと。

特に安全に関する無線交信をさまたげないという前提のもと、VHF無線は、欧米では以下のような
目的で、日常的に使われています。(ここではカナダを例として説明)



VHF無線ライセンス

VHF無線システム、2種類のライセンス(免許)制度が制定されています。 

一つは「無線局免許(Radio Station License)」、 そして操作資格である「無線操作従事者免許(Restricted Operator`s Certificate)」



◆VHF無線局免許(船舶局)

近年、ライセンス無しでVHF無線機搭載を認める国が多くなり、欧米、特に北米ではプレジャーボート
が、このライセンスを取得することはほとんど無くなっています。 

カナダでも、約10年ほど前にライセンス取得義務が消滅しました。なんらかの理由で、コールサインが
欲しいという人は、(コールサインを取得するには、ライセンス・有料が必要)、当該の役所に申請して、
ライセンスを取得することになります。



◆操作免許( Restricted Operator’s Certificate)

無線制度に関する、国際標準組織 ITU
(International Telecommunications Union 日本も加盟国)は、『VHF無線機を操作する者は、
その居住国の無線操作従事者免許を持っていなければならない』と規定しています。

しかしながら、米国では、このプレジャーボート用VHF無線の使用サーテフィケートは廃止にいたって
います。(カナダとヨーロッパの多くの国では、まだサーテフィケート制度は存続)


現実の姿として、例えば、世界各地のチャーター会社では、どの国のものでも、操作サーテフィケート
を持っていれば、それでOKということが多いようです。



カナダにおける、オペレーターサー・テフィケート取得システム

VHFオペレーターサーテフィケートを、広く普及させることを主たる目的として、カナダでは、昔からサー
テフィケート取得プロセスの合理化がすすめられてきました。

現在は、民間団体であるCanadian Power & Sail Squadrons にトレーニングシステム・サーテフ
ィケート発行を委託しています。(同団体が、カナダ各地の民間人にExaminer (試験官)を委託し、
その試験官がサーテフィケート取得コースを随時運営、安価かつ便利にサーテフィケートを取得できる
ようになっています)

当スクールのインストラクターもその試験官の一人であり、その資格でサーテフィケート取得コースを
開催しています。

例えば、1週間のクルーズトレーニングコースに先立ち、受講希望者に教材を郵送しておき、トレーニン
グクルーズの終了までに講義試験を行い、クルーズ終了時にはサーテフィケートが取得できるようにな
っています。

(ウィンドバレーセーリングスクールにて、取得可能)