ISPA公認インストラクター資格取得コース

インストラクター資格を取得すると・・・

ISPA のサテフィケートコースを開催、生徒にサテフィケート取得証明を発行できます

最初はDay Skipperまでを発行可能となり、上級サテフィケートを発行できるようになるためにはISPAの制度に従ってレベルアップすることになります

個人で教えること、スクールを始めることも可能です

当スクールでは日本各地で活動していただける登録インストラクターを募集中です


事前条件

  • Competent Crew, Day Skipper, Coastal Navigator, Coastal Skipper, これらのISPAサテフィケートを所持していること

  • VHF無線ライセンス(国内とカナダ、両方)を持っていること(インストラクター養成コース終了までの間に取得することもOK)

  • ファーストエイド(赤十字、消防庁、その他)サテフィケートを持っていること

資格取得ステップ

1. ホームワーク(予習)

オンライン教材を使って、以下の項目の十分な予習をしていただきます

  • 教えるための基本であるISPAスタンダードを完全に理解すること、具体的には全てのISPAオンラインコースコンテンツを使うのが最適です

  • 同時並行として、ISPAスタンダードによる操船・セーリングスキルを高める練習

  • ISPAインストラクションメソッド(オンライン)を学習

2. オンラインセミナーに参加

IEによって開催されるオンライン・インストラクター資格取得セミナーに参加していただきます

  • ISPA全般に関する知識を身につける

  • インストラクターになるための基本条件を理解

  • ISPAトレーニングシステムの理解

  • ICR(国際海上衝突予防法)筆記試験(オンライン)受験、合格ラインは正解率80%

3. 実技コース

IEによって開催される実技コース・インストラクタークリニック

  • 操船スキルチェック(シングルハンド)

  • インストラクション練習(ドックサイド、操船)

  • 試験;参加者に模擬インストラクションをテーマ別に行っていただきます(理論解説、実践)

  • IEによる最終評価;合格者は所定の手続きを経てISPA公認インストラクター資格を取得